カカトが、かなり磨り減ってしまったのですが……。
   
【カカト交換】で、ほぼ原型に近い形に復元することが可能です。
減りすぎた箇所を同質の材料で補修したり、厚めの材料を使用することによって、
外観上はオリジナルとほとんど変わらないようになります。
だだ、長くキレイに履くためには早めの交換をおススメします。
   
ヒールが高くて履けません。
   
【ヒールカット】によって、ヒールを低くすることが可能です。
ただし、その靴の持つバランスとの兼ね合いで限度はあります。
また、【スタックヒール】に交換することによってヒールを高くする事や太くしたり細くする事も可能です。
   
他店でピンヒールの修理を断られたのですが……。
   
【ピンヒール】は、簡単に申しますとピンのついたゴム材をヒール本体の穴に挿入して取り付けるのですが、
履きつぶすとその穴が潰れて新しい材料を取り付けることが大変難しくなります。
そのため、残念ながら当店でもお断りするケースはあることかと思われます。
ピンヒールに関しては、特に早め早めの交換をおススメいたします。
   
お気に入りのフェラガモの靴底に穴が開いてしまいました。
   
減りすぎてしまった部分を補修して、上からゴム材を貼る事によって修理できます。
フェラガモは素晴らしい靴ですが靴底が薄いものが多いので、早めに【靴底補強】しておくと長くキレイに履くことができます。
靴底補強(ハーフソール)にはスベリ止めとしての効果もあります。
また、摩耗がそれほど激しくない状態なら、【つま先補強】でつま先だけ硬質のゴム材で強化する方法もあります。
   
靴がきつくて困っています。サイズを大きくすることは出来ますか?
   
材質にもよりますが、【のばし調整】によって横方向(幅出し)であれば多少広げることが可能です。
ただし、靴の構造上、タテ方向に広げることは残念ながらできません。
   
しばらく仕舞っておいた靴を履いてみると靴底がボロボロになりました。なぜ?
   
靴底がウレタン素材のためだと思われます。ウレタン素材は靴箱の中に長期間保管したままでいると、
簡単にいうと湿気によって素材が加水分解(劣化)してしまいます。
この場合、修理の方法としては靴底を全交換する【オールソール】しかありません。
   
また、同じように仕舞っておいた靴の中敷もボロボロになっていました。
   
婦人靴の中敷は合皮が使用されていることが多いのですが、合皮もウレタン同様に湿気によって劣化するケースがあります。
これは、【中敷交換】によってキレイにすることが可能です。
また、汚れた中敷も同様に交換すると靴が見違えてキレイに見えますのでおススメです。
   
【ヒール巻き替え】は、どんな色でも出来るのですか?
   
特殊な色でない限りほぼ同色で出来ると思います。ただ、靴の色は色褪せや変色等も含めると多種多様ですので
全くの同色はムリだと考えていただいていた方が無難かもしれません。
   
歩行中に靴が脱げそうになります。何とかならないでしょうか?
   
靴が大きすぎる事が原因だと思われます。中敷の下にクッション材を入れる等【サイズ調整】によって調整することが可能です。
   
靴は少し大きめが良いのですか?それとも小さめが良いのですか?
   
気に入った靴に「ちょうどいいサイズがない場合」は、少し大きめの方が良いでしょう。
「靴は伸びる」という事を前提に少し小さめを買われる方もいらっしゃいますが、
小さめの靴は足が疲れやすくなったり、外反母趾等の足の変形の原因になったりすることもありますので、
少し緩めのものを購入して、その後自分に合うように微調整をしていくほうがいいように思われます。
また、当方ではシューケア用品・フットケア用品も多数取り揃えております。お気軽にお問い合わせください。
COPYRIGHT(C)2004 靴修理.COM ALL RIGHTS RESERVED.